2014年10月18日土曜日

書籍レビュー「レースに勝つためのロードバイクトレーニング」〜高岡 亮寛 著〜

本買いました。

てゆーかさー、1,800円だよ?
まぁ本で言うと結構ええ値段なわけよ。
この前買った体幹トレーニング本なんかDVD付きのフルカラーで1,000円だよ?

まぁ、わかっちゃいるけど、とはいえ・・気になるやん・・?
同じ(って向こうは○ール○マン○ックス勤務だとかなんとか、そもそもサラリーマンカテゴリでも圧倒的に次元が違うけど)サラリーマンホビーレーサーとしてすごく気になる「時間の作り方」「モチベーションの保ち方」とかの話が、ツールドおきなわを2回制覇した人が書いた本だって言うしさ。

べっ・・・!別にこれ読んだからって早くなるわけじゃないってことぐらいわかってんだからねっ・・!実践しないと無意味なのは分かってんだからねっ・・!

どーん。
会社から誕生日プレゼントでもらったAmazonギフト券の一部を使って購入したよ!
そんで朝礼で「こんなん買ってーん」って報告した時に皆から注がれる生クリーム色の甘〜い目線で危うく胸焼けするところだったよ!

で、肝心な中身ですが、真面目な話けっこう良いです。
速くなるために必要なのは、走行距離よりもトレーニングの質だって書かれてて(もちろんある程度の走行距離は速くなるために必要だろうけど、それは結果論として捉える程度にして、本質はそこではないと。)、そこに関しては前に買ったKindle本に書かれてた内容と同じ。
この前のKindle本は自転車用語に関して「知ってる前提」の人が読んで「ふむふむ」という感じで、まだそこに至ってない私には「なんとなく・・・わかる・・・か・・な・・?」という感じ。分かったのは「もがけよ青年。」という雰囲気か。

今回の本は、自転車トレーニングの事とか用語そのものに関して、朧げに聞いた事はあってもまだまだこれから理解していきたい、まさに私みたいな初心者〜中級者を目指す人にも読み進めやすい構成になってます。
トレーニングの章とかインターバル練習の事とか分かりやすく書いてあるし、実際これ兼専門書と考えると、まぁそれなりの納得価格じゃないかな、と。

「レースに勝つためのロードバイクトレーニング」〜高岡 亮寛 著〜


ちなみに著者の高岡さんのブログはこちら→RoppongiExpress
さらにこの本を買うきっかけになったブログ→IT技術者ロードバイク日記