2015年5月11日月曜日

第6回ツールドにし阿波 鬼脚(SS)コース何とか完走!予想タイムと比べて実際どうやった?

いやー、キツかった。ほんまきつかった。
ツールドにし阿波鬼脚コース。聞きしに勝る坂道のフルコースに向かい風の平地。
序盤から軽く脚攣り、途中ウィンドブレーカーが背中のぽっけから落ちて後輪と絡まって脚を着いた以外は脚も着かず、なんとかゴールできました・・・!
達成感で胸いっぱい!
けどほんまおなかいっぱいでしばらく坂道登りたくなくなるわw

取り急ぎその状況と、以前予想したタイムスケジュールと比べてどうだったか?をお伝えしようかと。

明け方の受付会場。到着したのは4時半前。
松山を2時半過ぎに出発し、高速を走って徳島へ。
会場はICを降りてすぐ。途中、ローソンで朝ご飯を買って受付会場の吉野川運動公園へ。
受付を済ませた後は朝食を食べて準備。

スタート前の様子
鬼脚(SS)コースのスタートは午前5時55分から。予定では6時だったんですが、参加者が多くて5分早くしたそうな。なので鬼脚コースの出走者は開会式(6:30〜)も出ず。
10人ずつ1分おきにゼッケン番号順にスタート。私は見ての通り287番だったので、最初の組がスタートしてから28分後。ほぼ最終組付近。

スタート〜第1CPまで
まずはアンティパスト(前菜)。スタートから第1CPのゆとりすと交流センター(32km地点)まで川沿いをひた走る。多少アップダウンはあるものの、上手くトレインを組めればいい感じで進める区間。
最初、280番台のメンバーでのんびりトレインで走ってて、途中自分が先頭に。
さーっと走ってると「・・・あれ・・背中に気配を感じない・・?」と後ろを見ると「誰もおらへんやーん!!」と早速単独走状態に。
やっべー・・と思い、早くトレイン追いついてーと思いながらちんたら走ってると、ほぼ最終組スタートのB-shop OCHIのメンバーらしき集団に吸収される。
「入れそうだったら乗っていって下さい!」カッコ良過ぎる!スポーツマンシップ素敵!!「あざっす!」と遠慮なくトレインに入る。
ただ、人数が多すぎた。私が先頭に入ったときに途中でペースダウン。に、気づかずそのまま走ってしまい、またもや単独走に。
途中、また別のトレインを見つけて繋いでもらう。

第1CPに到着したのは7:25頃。予想スタートから1時間半以内だったので、この時点では思ったより良いペースで来れた。
トイレを済ませ、バナナとパンとロールケーキとようかんを食べて次のCP、京柱峠を目指す。


第1CPから18kmの登りを越え、京柱峠(第2CP)へ
いよいよ始まる地獄の入り口。プリモ・ピアット。
第1CPを出てすぐから登り始め。
18kmの登りってめっちゃ長い。そんでもって全体的に斜度もまぁまぁあるし。ここではもちろんトレイン云々は無く、ひたすら脚を使いすぎないように登る。登る。
この区間でぼちぼち抜いたんじゃないかな。まだ脚は元気がある。(ちょっと頑張り過ぎたかもだけど)
ながーい登りを経て、第2CPの京柱峠のてっぺん(50km地点)に。
到着時刻は8:40頃。1時間20分程かかった。まぁまぁ予想通り。
エイドメニューはパンとバナナ。
さっき食べたしなー。けどハンガーノックはいやだしなー。ということでバナナを頂戴して次に進む。
京柱峠。こう見るとほんまダサい色使いやなw

第2CPの京柱峠から第3CPの栃之瀬小学校まで悪路の下り
頂上からは13kmほどのひたすら下り区間。ここはなかなかの悪路。路面チョーガタガタ。手がしびれちゃうんじゃねぇかと思う程。変えたばかりのバーテープは安物だったので硬い。そんで俺のdedacciaiも大概硬い。タイヤの空気圧もピンピンだったので、そりゃまぁガチンゴチンですよ。
なのでスピードは押さえ気味。なんとかパンクもなく第3CPに到着した。
到着時刻は9:10分前。スタートから2時間40分くらい。まぁまぁ良いペース。
第3CPでは、あんまん、唐揚げ、こんにゃく芋の唐揚げをいただく。唐揚げめっちゃ美味い!
水補給の横にあったクエン酸パウダーも気が利いてる。

唐揚げめっちゃ美味かった


ゲストライダーで参加されていたモデルの日向涼子さんともミーハー感出して写真を撮らして頂きましたぜ。やっぱりモデルさん。背高い。


第3CPから第4CPへ。落合峠との戦い。
ついに来たセコンド・ピアット。メイン料理ってやつ。第2の難関落合峠。
これまた距離19km/標高1,000mのヘビーな登り。京柱峠の登りで脚をかなり使ってしまってて、常に脚軽く攣ってる状態。
ヘタにダンシングするとピキッとくる状態。ほぼシッティングでしのいでたまに休憩式ダンシングも入れながらゆっくり登っていく。「とにかく無理をしない」というより「無理する余裕も無い」という感じ。
ひたすら続く登りに若干滅入る。だってこれ、Cコースだと最後の山でしょ。SSってこのあと長い平地と最後にドルチェ(デザート)の登りがあるんだよね・・?

休憩ダンシングを始めるとき、少しピキっと来そうになるけど焦らず踏む。ある程度回した後でシッティングに切り替えて再度ダンシングに入ると、さっきより攣り具合がマシになってる。
という具合に、即席で覚えた回復亀走法で頂上を目指した。
あとでSTRAVAでみたところ、落合峠は7.8km/hで走ってたようです。やばいもうお腹いっぱい気味。

第4CPに到着したのは10:50頃。予想より少し遅れたけど、これ以上無理。

CP後の撮影ポイント。元気な振り。

下って少し登ってガリガリ君〜お昼ご飯の第5CP
ここからまた10kmほど下り。京柱峠からの下りほど悪路でもなかったので割とスピードが出せる。下りが長いのでヘリウムジャケットがすごく重宝した。ロングライドでは必須アイテムやね。

で、下り途中からまたクイっと2km程登る。
ガリガリ君まであと◯kmの看板がイケてるわー。
息も絶え絶えでなんとか登る。
ガリガリ君ポイント到着時間は11:35頃。

ガリガリ君の選択肢はソーダかグレープフルーツ。

ソーダを選択。生き返るわー
ガリガリ君のあとはまた下って第5CP「ぶぶるパークみかも」へ。
第5CPに到着したのが12:10頃。
予想ではお昼前くらいかなーとか思ってたので予想内。
鬼脚の人は13:30までに第5CPを出ないとCコースに変更になってしまう。

お昼ご飯をたべたり
そうめんと米汁。うまいーー!
いちご配ってた変なゆるキャラ(?)と写真とったり。
謎のゆるキャラがいちご配ってたのでパシャり。
第5CPを出たのが12時半前。

向かい風の川沿いの道を35km程。ここは連携必須の区間!
ぶぶるを出た時、またもや単独状態。
あーまたやー・・と思いながらちんたら走り、後ろから列車が来るのを待つ。
後ろから7人のトレイン。一応ルール上列車は7人までと言ってたけど、まぁ・・・いいよね・・と思いながら混じる。
割りかしハイペースだったので、すぐに4人程切れてブルーのジャージ3人組と自分の4人列車に。

ある程度ペースを保ちつつ、ローテしながら最後のドルチェ(デザート)を目指す。
ペース的にちょっと脚痛いけど、ここで切れて単独になったらもっとヤバいと判断し、なんとか食らい付いた。
だいたいアベレージ30km/hくらい。普段だったらなんともないけど、後半でコレがなかなかキツい。単独で走ってる人も何人か見つつ、声をかけながら入れそうだったら入ってもらう感じで進む。
平地区間も終わりかけの頃、一緒にスタートしたNさんを発見!って単独で走ってるー!ということで「列車入ってー」と声をかけて吸収。

そしてようやく最後のドルチェ(西山)の入り口に到着。


第6CPまでの登り9km、600m程の悶絶デザート区間
誰やこれ「デザート」言うたんは・・
10km/hに満たないほどの超低速。息は「はぁ・・・はぁ・・・」だが心拍数が上がらない。160rpm後半。(前半は180〜190rpm)
脚に力が入らず、スピードが出せない。
Nさんと一緒に声をかけながらゆっくり頂上を目指す。
平地だと「風」で目に見えた協力があるけど、登りの協調って「精神的」な所なんだなとものすごく感じた。
「あと2kmー!」という感じで、Nさんと登っていく。
この区間でもぐいぐい登って追い抜いていく人もいた。同じ人間と思えない・・。
てゆーかNさんまだ余力ある感じするんですけどー!

もう俺脚ピッキピキ。限界が近い・・。
残り1kmの看板を越えてしばらく、と、ずっと軽く攣ってる状態だったのが、いよいよ本格的に足がつってしまいそうになる・・!
ちょっとコレはまじでヤバい・・!脚を伸ばそうと休憩ダンシングの体制に入ると、さらに来た!!このまま脚着いてしまう!?と思った目の前に第6CPが見えた!

なんとか脚を着かずにCPに到着。
ほんまギリギリでした・・。
到着時間は14:25頃。(予想は15時前)
ここでヘルメットのゼッケンシールに「鬼脚まであと少し」シールを貼ってもらう。


第6CPからゴールまで。ってまだ登るんかーい!
第6CPで最後の補給と休憩をして、ふと見ると、進行方向は上り坂。
あれ・・・?ひょっとしてまだ登るんすか・・?

スタッフの人に聞くと「あと3km、アップダウンですよー」って。もう脚ないっちゅーねん。

一応最後の休憩で少し回復できていた。最後のCPが本当の峠の終わりだったらどうなっていたか・・。
で、通称「北海道」と呼ばれる、直線の下りと登りの気持ちのいい道を越えて、ようやくほぼ登りは終了。

最後は山を下り、ゴールまでも下り基調。
会場が見えたとき、思わず「ゴール見えたー!!」と叫んだ。叫びたくもなるわ。どんだけ走らすねん。

Nさんと同時にゴールし、完走賞と認定ステッカーを貰う。
そう。サイトにも認定ステッカーは「憧れ」と書かれてたもんね!今日、俺はこれをもらいたいが為に来たようなもんだ!!やったーー!ステッカーゲットォォォーーーーー!

パネル前でパシャり。

これぞ称号。鬼脚ステッカー! 118番目のゴール。
あれ・・・?
ステッカー、小さくね?

なんやこの「思ってたんと違う」感は・・・。
もうちょっとこう・・・なんつーかさ・・「認定!」感というかさ・・・?サイズ感?いやなんだ・・・と色々悶々としつつ、最後のエイドメニューのそばとうどんを頂く。
超うめぇ・・。

うどんはその場で手打ちしてた。そばは撮り忘れた。
NさんとはSTRAVAで繋がる。
え、知り合いの同級生・・だと?世間って狭いっす。


無料でマッサージも受けられるとのことだったんだけど、行列が出来てるので早々に切り上げて近くの池田温泉に。
街の銭湯感あふれまくりで良かった。生き返るーーー!
池田高校野球部専用棚があった。

やっぱ銭湯のあとはコレですよ。

とにかく快晴というのも良かったし、景色も最高でした。
ただ、後半はとにかくキツかった・・・。その分達成感半端ないけど。
とりあえず来年は絶対走りたくないと思いました。


で、最後予想と比べてどうだったか、というと、肝心のゴール到着時間見てなかった(;´Д`)
けど写真の時間から見て多分15時20分頃。予想は15時半過ぎで、スタートは28分遅れなので予想よりは早くゴールできた。
いやー、ほんま疲れたー。