2016年2月29日月曜日

SPDペダルから初めてのSPD-SL(PD-5800)へ。踏み心地とついでにシューズも新調。

ペダルをSPD-SLにグレードアップしました。前は通勤にも便利な片面フラペやったのが、105モデルのSPD-SLへと何段階か一気にジャンプ。

 SHIMANO(シマノ) ビンディングペダル PD-5800


Amazonのレビューでも私と同じようにSPDから乗り換えた人がいて、それを見ると「踏んだ感」がSPDよりダイレクト、的なコメントも多数だったのでものっすごい気になってたんですよね。
で、今年の行動計画にも入れたと。

届いて早速装着。普通のシューズで踏んでみてもまぁまぁ大丈夫。
じゃぁ次は・・・と早速シューズのクリートをはずして、ペダルについてたクリート(SM-SH11)をつけようと思ったが…。
ネジ穴がガッツリ錆びてクリートを付けられません!


サビ落としの作業を試すのもめんどくさくなったので、当初買う予定なかったけどシューズも買う事に。もともと中古だし、クリート取り付けるネジの所もグラついてたし、ボロボロになってきたしね。けど月初早々に今月の金欠確定だぜ。
で、探してたらウェアの赤とピッタリ合いそうなのシマノの良い感じのシューズを発見したのでポチった。限定カラーだそうで。
早く欲しかったのでプライムの無料お試しを付けて1日で届く。凄い。

届いたブツはコレ!
真っ赤っか。ええ色してまんなー。


ソールはこんな感じ。
SPD、SPD-SL両対応。
つま先側の網はベンチレーションかな。冬場は指先が寒そう。

バックルが付いてる。

前までマジックテープだけやったので、履くときに「カチャカチャッ」とする所作が、何かレベルが上がって早く走れる気分になるのは完全に男子の心理。エンジンは変わらない現実。


レビューでもよく見かけたのが、クリートのままで歩くと速攻でボロボロになる件
SPDのときはスチール製だったからかあんまり気にしなくて良かったけど(気にしろ)、今回は材質もデリケートっぽいのでクリートカバーも買っておいた。
立ちながらでもつま先側を引っ掛けてパコッと簡単に付けられるし、ポケットに簡単に入るサイズやし持っといて損はない。
クリートも1,500円ぐらいするし、大事に使わないとね。

で、ようやく乗れる状態に。。
つま先側を引っ掛けてぐっと踏み込む。
パンッ!
キタ(゚∀゚)━!

これ!このクリートがはまる時の
幾度となく大会やイベントで聞いていたあの音が、今まさに俺にも・・!(完全に子供)
この音だけでご飯何杯かイケる興奮。嘘やけど。
けどまぁちょっとテンション上がるわ。
で、前置き長かったですがいよいよ本番。

実際にローラーを1時間回してみた感想

子供を寝かしつけた後、1時間ほどローラーを回してみました。
回し始めて最初に思った感想としては
SPDペダルに比べると、ペダルと足の一体感がかなり増した。
ということ。
SPDにあったペダルを踏んだ時の「小さいポイントを踏んでいる感」が、SPD-SLだと「ペダル全体を踏んでいる感じ」に。
あと、SPD-SLにして余計に感じたのですが(というかSPDのセッティングをちゃんとしていなかったから、かも?)、SPDに比べてかなり遊びが少なくなり、引き足の時の足への吸い付き感。これはシューズの効果もあるかもしれませんが、引き足を重点にペダリングした時の「シューズとペダルを足の裏で引っ張り上げてる」感がかなり軽減され、無駄も減った気がする。いやーええわ。ええよこれ。

ペダルと足の一体感は、そのまま回転力にもつながって
いつもよりローラーが回しやすく感じました。
こりゃ良い買い物したわー。
今、SPDペダルで回しててSPD-SLが気になってるけどどうしよっかなーって思ってるそこのあなた。私的には割と感動するレベルで違いを感じることができました。結構オススメ。

 SHIMANO(シマノ) ビンディングペダル PD-5800